Tipographica
Homepage
English version is here !
<97年6月25日 更新>


ドラム
外山 明
ギター・コンポーズ
今堀 恒雄
ベース
水谷 浩章
Membaers Photo
トロンボーン
松本 治
サックス・タイトル
菊地 成孔
キーボード
水上 聡




INDEX


TIPOGRAPHICAプロフィール

1986年音楽学校でリーダー・ギターの今堀とサックスの菊地が出会い、オリジ
ナルメンバーとして残る水上聡、そしてドラム、ベースという編成で結成される。
当初、フレッドフリスのマサカー,ゴールデンパロミノスの音楽性を、それまで
の破壊するだけであったフリージャズのアンチテーゼとして解釈し、崩れていく
過程を重視する「崩壊」というキーワードをテーマとしていた。
又、インダストリアルミュージックの影響も見られ、ノイズ度も高く現在とは趣
を異にしていた。しかし当時の、単純なテーマの繰り返しの中で行われる「崩壊」
をテーマにしたそのインプロヴィゼイションは、発展性に乏しく、多人数となる
と明快に表現し切れない危険性を孕んでおり、納得できるものではなかった。
1989年、ドラムの外山加入。
同年、リーダーの今堀は演奏旅行でアフリカ各国に行き、当地でいわゆる「訛り」
を含んだ多くの音楽に触れる。そして、その訛りは言語やその他、民族性から生
まれるものであり、日本人としてのリズムの訛り、特異な言い回しもあることを
確信して帰国する。それは世に出回るエスニックミュージックのエキゾチズムと
は、一線を画するものである。
アフリカツアー後音楽性は一新され、「リズムの訛り、ノリ」など今までブラッ
クボックスに入れられていた分野に脚光をあて、表現できる範囲を音符の細分化
によって広げて行くこととなった。そして、あくまで作曲者の自然な体感に基づ
いた「訛り・揺らぎ」が特徴の作品になってゆく。それは結局のところ当初のテ
ーマ「崩壊」をも記譜上で内包することになり、非常に構築度の高いその音楽は
さらに、そこから先のインプロヴィゼイションへの発展性を見ることのできる形
となり現在に至っている。外山の加入によってこれらは初めて演奏可能になった
とも言える。さらに 1991 年トロンボーンの松本加入。1995年ベースの水谷加
入。

現在の音楽性は、厳格な記譜上で交錯する様々に訛ったリズムと旋律を、バンド
のメンバーが昇華した形で、高い構築度と圧倒的なグルーヴ、現代音楽的な要素
とジョーク、そして新たな音韻言語として「訛り・揺らぎ」が奇妙に混在する、
全くオリジナルなものである。




ティポグラフィカ・インタビュー記事

JAZZ LIFE '92年1月号
JAZZ LIFE '92年2月号
PLAYER '92年11月号
ギターマガジン '92年12月号
Marquee '93年8月号 Vol.49
JAZZ LIFE '93年9月号
コンピュータ・ミュージック・マガジン '93年
Player '93年12月号
SPA !  '95.11.29


ティポグラフィカ参加アルバム

アーティストタイトル
ティポグラフィカ Floating Opera '97 MONSWAY {SICD-1}
ティポグラフィカ God says I can't Dance '96 MONSWAY {PCCR-00204}
ティポグラフィカ
ライブ
The man who does not nod '95 MONSWAY {PCCR-00181}
ティポグラフィカ tipographica '93 GOD MOUNTAIN {GMCD-005}
京浜兄弟社オムニバス 誓い空しく '91 KBS#501
WAVEオムニバス DRIVE TO HEAVEN '89 WAVE EVA-2010




FAQ about Tipo
Frequently Asked Questions about Tipographica

Q TIPOGRAPHICAの意味は?
A イタリア語で「印刷機械」転じて「自動書記」などの意味。

Q ライブ時の譜面をはずすという予定は?
A バンマスにはずしたいという意向はあるが、活字オタクの人間の楽
しみを奪うのが忍びなく、放置している。

Q 譜面を出版する予定は?
A 気持ちはある。

Q オムニバスアルバムの (1) [ DRIVE TO HEAVEN ] (2) [誓い空しく]
は手に入りますか?
A (1){リズム山脈収録}これはわかりません。
(2){DRIVE収録}レコード店のマニュアル・オブ・エラーズ
(03-3317-4845)に問い合わせてみて下さい。

Q TIPOのメンバーが参加した他の人のアルバムを教えて。
A 膨大な量になるので只今取り調べ中。

Q オープニングのSE(入場曲)をリリースして。
A 機会があればするつもり。

Q 休憩中にかかっている曲のタイトルが知りたい。
A 月1のペースで曲のリストを作る時間がありません。

Q 菊地の付けたタイトルで没にしたものはありますか?
A ありません。が、次候補で面白い物は沢山あります。
EX.「森を出る方法」←「ハゲおやじショック死」
  「東芝製セックスフレンド」←「大仏頭」

Q ドラムのボンゴの皮はどの位もつのですか?
A 10年位張り替えていない。(外山談)



ティポグラフィカからのボイス・メッセージ

非常にくだらない上にサイズもでかいので、聴かない方がいいよ。
でも、ものすごく面白いんだけど……

oto.gifボイス・メッセージ 1 (825KB)

oto.gifボイス・メッセージ 2 (583KB)

96年5月10日、ツアー中 岡山の宿にて。


INFOMATION

"Tipographica Tour for France" Schedule

"J'ASIE" [ JAZZ JAPON D'AUJOURD' HUI ]
HALLl' Auditorium des Halles
Adressl' Auditorium des Halles
Forum des Halles
5, porte St-Eustache 75001 Paris
TEL ; 33-1-4236-1409
FAX ; 33-1-4039-0209
Ticket Resereb ; 33-1-42-36-13-90
DAY26th. & 27th. June 1997 (Thirsday & Friday)
Start 20:00 / UP 22:10
26th.SHIBUYA Takeshi Orchestra [ 20:00-20:50 ]
Guest [ 21:05-21:20 ]
Fumio ITABASHI "MIX DYNAMITE" [ 21:20-22:10 ]
27th.Tipographica [ 20:00-20:50 ]
Guest [ 21:05-21:20 ]
Kazumi WATANABE, Nobuyoshi INO DUO [ 21:20-22:10 ]
Presented byThe Committee for the organization of
"L'Année du japon en France 97-98"
Supporeted byThe Japaanese Embassy in France,
The japan Foundation Japanese Cultural Institut in Paris,
French Ministry for the Culture
Sponsored byANA, SPEDIDAM
With the
collaboration of
RFI, Django d'or, MUZIK
co-organized byALIZE SUD, Scène d'actions
Ticket Fee130FF, 90FF(students&Members)
InformationALIZE SUD Mr. NISHIYAMA
Tel; 33-1-4451-6565
Fax; 33-1-4266-3013
Press
Information
Passiflore BALDASSARI
Tel&Fax; 33-1-4806-6996

"Festival les Folles"
PlaceLe Manège, (OUT SIDE)
AdressLe Manège, Scène national
Rue de la Croix 59600 MAUBEUGE
Day28th. JUNE 1997 (Thirsday)
Start17:00
PerformerTipographica
SHIBUYA TAKESHI ORCHESTRA
InformationGérard Hourbette (Artistic Director)
Tel; 33-3-2765-1500
Fax; 33-3-2764-4511

"Tipographica"
PlaceLe Cithèa
Adress114, Rue Oberkampf
75011 PARIS
Day2nd. July 1997 (Wednesday)
Start 23:00
PerformerTipographica
InformationLe Cithèa
Tel; 33-1-4606-7238
Fax; 33-1-4606-9192

Tipographica Live in Tokyo

7月28日(月) On AIR WEST



Tipographica情報




SISTEMA Homepage infomation :
sistema@po.jah.ne.jp